ラシックス 効果

利尿作用によって、むくみや血圧低下を期待できるラシックス

ラシックスという薬があるのですが、理解しやすい症状から説明しますと、むくみに効果がある薬です。

 

 

むくみの主な原因は、ナトリウムや水分が体内に溜まってしまう事にあります。

 

 

健康な体であれば、通常、これらは適度に、適切な量体外に排出されるのですが、その量が少なかったり、排出機能そのものに問題がありますと、むくみという形で表面化してしまうのです。

 

 

ラシックスは、この体内に留まり続けてしまっているナトリウムや水分を尿の量を増やし、これを排泄する役割を担ってくれます。

 

 

この利尿作用を促す働きは、体内を流れている血流の減少にも繋がるという事で、血圧を下げる効果も期待できるなど、他の体の不調を理由に利用される方も多いそうです。

 

 

ラシックスを使うにあたっては、幾つかの条件を確認する必要があるでしょう。

 

 

まず使えない人、使ってはならない人の条件については、妊娠中、または出産して間もない授乳時期に該当する人、そしてかゆみや発疹などといったアレルギー症状を経験された人においても、使用前に医師にその旨を伝え、判断を仰ぐべきでしょう。

 

 

痒みや発疹については、副作用として現れる可能性の一つに入っている為であり、これ以外にも、口の渇きや風邪で見る症状、皮膚に何らかの異変が確認できる等が考えられますので、少しでも何かおかしいと思われた際には、早急に医師に相談する心積もりでいることをお勧めいたします。